MENU
HOME > 医院からのお知らせ > ロタウイルスに対するワクチンが接種できます

医院からのお知らせ

ロタウイルスに対するワクチンが接種できます

乳幼児の重篤な嘔吐下痢症の原因となるロタウイルスに対するワクチン;ロタリックス®とロタテック®ができました。

 

ロタウイルスは乳幼児に(特に冬〜春に)嘔吐下痢症を引き起こす代表的なウイルスです。多くの小児が乳幼児期に罹患し、脱水が重症化して入院を必要とする場合やけいれんを起こす場合があります。

 

ワクチンを飲む事で感染の可能性を減らすこと、入院を要するような重症化を防ぐことができます。

 

■接種方法

ロタリックスは生後6週から24週までの間に4週間以上あけて2回接種します。
ロタテックは生後6週から32週までの間に4週間以上あけて3回接種します。
両者とも1回目の接種は14週6日までにお済ませ下さい。

 

■接接種料金

「接種料金は、ロタリックスは2回で、ロタテックは3回で30,000円です。数日前までにご予約下さい。