MENU
HOME > 医院からのお知らせ > 子宮頸がんワクチンについて

医院からのお知らせ

子宮頸がんワクチンについて

子宮頚癌のワクチン(サーバリックス®とガーダシル®)が接種できます

 

 

子宮頚癌の原因となるヒトパピローマウイルス(以下HPVと略します)に対するワクチンです。HPVは性的接触で感染し、1%未満が感染後5年~10年以上かけて子宮頚癌へ移行します。日本では年間約15000人が子宮頚癌に罹患して、約3500人が死亡しています。

 

サーバリックスでは子宮頚癌を起こす代表的なHPV16型と18型に有効ですが、それ以外に欧州では31型・33型・45型にも有効であると認められていて、子宮頚癌の約80(~90)%を予防することが期待できます。

 

ガーダシルは子宮頚癌に対してはHPV16型と18型に有効で約65%を予防することが期待できる他にも尖圭コンジローマ(性病の一種で皮膚に疣を作ります)や膣・外陰上皮内腫瘍の予防効果も期待できます。

 

ワクチンは3回接種(初回、1または2ヶ月後、6ヶ月後)することで約20年間効果を期待しています。

接種希望の方はご予約下さい。

 

■接種対象と接種間隔

接種対象者として推奨されているのは10~13歳の女性です。それ以上の年齢の方も45才位まで接種できます。但し、すでに感染しているウイルスを取り除く効果はありません。

 

■接種費用

1回あたり16,300円(公費助成対象の方は期間中は無料で接種できます)